So-net無料ブログ作成

ボリンジャーバンドはバイナリーオプションでは脇役! [ツール・インジケーター]

スポンサーリンク




誰もがFXやバイナリーオプションを始めて、初期の段階で目にする(覚える)
ボリンジャーバンド!!
今更な感じですが、一応簡単に!

ボリンジャーバンド
・±1σの間に価格が収まる確率 →約68.3%
・±2σの間に価格が収まる確率 →約95.5
・±3σの間に価格が収まる確率 →約99.7

2σで95.5%の確率で収まるなら、2σで逆張りすれば
高確率で勝てる!という発想から、【ボリンジャーバンドで逆張り】という
危険な必勝法が多数見受けられます[ふらふら]

2σにロウソク足がタッチしたら逆張りとか
2σにロスソク足がヒゲを付けたら逆張りとか

他にもいろいろあります。
RSIが○○以上で、かつ、ボリンジャーバンドの2σにタッチで逆張りとか

実践してみると分かりますが、勝てません[たらーっ(汗)]

厳密に言うと、勝てる相場と勝てない相場があります!
勝てる相場か判断するには、チャートを読み解く知識が必要です。
なので、安易に必勝法として、バリンジャーバンドでエントリーすると
負けます[パンチ]

良くても勝率52%くらいだと思います。


そもそもボリンジャーバンドは順張り用に作られたインジケーターです[exclamation×2]


私の手法の中で、ボリンジャーバンドは
相場の勢いを見るために使います!

ドル円5分足チャート
ボリバン.jpg

緑がボリンジャーバンド2σ、青が3σです。期間は20(デフォルトのまま)。
ボリンジャーバンドは、その幅が収縮しているとき(スクイーズ)は
相場の動きが弱く、レンジ相場やボックスレンジになり
逆にバンドが広がる(エクスパンション)と勢いが出て、トレンドが起きます。

例えばこのように私は使います
チャートを見ていて、赤矢印のようにボリンジャーバンドが 閉じ始まったら、相場の勢いが弱まってきているので エントリーチャンスが来ても、見送ります。 勢いがないので、エントリーしても予想した方向に伸びきれず
戻ってきて負けてしまいうことが多いです[がく~(落胆した顔)]

なので、私は赤矢印のようになったら、いったん休憩するか
風呂に入ってきます[いい気分(温泉)]

風呂入るぐらい時間を置くと、レンジが終わって、トレンドが出てたりします!
黄色枠内のようなときは、諦めて、違うことします!
今みたいに、ブログ書いたり、犬の散歩行ったり、風呂入ったり[ぴかぴか(新しい)]


ということで、私の手法においては
ボリンジャーバンドは、相場の勢いを見るためだけの脇役です[手(パー)]


皆さん、くれぐれも、ボリバンで逆張りなんてやめましょうね[目]



《おまけ》
95.5%の高い確率で収まるというボリンジャーバンド2σを
ロウソク足が抜けてくるって、逆に、相当勢いが強いてことじゃないですかね~??
そんなときに逆張りって!ギャンブルにしか思えないですよ[パンチ]


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。